2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ACCESS

最近のトラックバック

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

心温まる友

先日、久々に仲間と再会。
元祖.リーブル(ダンス&コレオグラフ) のメンバー's
20代の頃、自主公演をしていた仲間である。
そして、このメンバーと会うと初心にかえる。
クラシック.モダン.フラメンコ.そしてジャズ ...
それぞれの得意なジャンルを振付担当して、皆と踊っていたので、私もいろんな経験ができた。
そして何より、作品づくりの面白さを教えてくれたのも、このリーブルなのだなぁ〜o(^-^)o...と

避けてた私に、振付の楽しさを教えてくれて、リハーサルでは、基本的に笑いが絶えず←楽しみすぎか?!振付よりコミュニケーションか?!...ってくらい f^_^;
でも、私はその時間幸せでした☆

今、教えて振付る が出来ているのは、そのリーブルでの経験が大きく左右してたなぁ...と。

リーブルの公演を観て下さりリーブルKにもお越し下さった某Oスタジオのオーナー様から、きっと似た匂いと空気を感じて頂けたのかな?!...と思わせるメッセージを頂いたりした。

リーブルの皆も、それぞれの歴史を刻んでいて、いろんな変化がある。
でも、いつ会っても変わらない。
それは、皆、優しくて面白くてホント表情豊かな思考。
その中にいると、その皆のオーラに包まれて、和み癒される♪

皆 ありがとうぅぅぅぅ〜(T_T)o(^-^)o

皆から貰っている分、外で与えられるよう、ナチュラルに 自分らしく 心豊かにいたいなぁ と 基本にかえる 今日この頃なのであった(^。^*/

似てる?!?!

テレビで見る度・・・

我らリーブルKのメンバーのMMちゃん。
返事が、”はい!”or”すいません”・・・(~.~;)、のMMちゃん

・・・と、ハニカミ王子・・・似ている。。。

お子たちは?!

9月15日(土)

久々の劇団の教え。
もともと3週に1回の教えなのだが、7月14日以来8月は都合悪く代稽古+お盆休み、9月に入り協会の舞台もあり1週ずれて、昨日2カ月ぶりだったわけです。

この2カ月で幼児達はかなり成長していた。
もともと怪獣たちではあったが、輪はかけて??少し大きくなった怪獣になっていた。

しかし前より、聞こうとする・やってみようとする→ストレッチがうまく行われていた。
それぞれが自分中心だったのが、周りをみて、列を直す子、お友達に”ダメでしょ!”としかる子・・・皆の変化とともに可愛さが増して・・・でも、周りの様子を伺いながら自分をアピールする。
子供達が飽きてきた時は、猛獣と化すわけで。こちらも真剣勝負!
”おはようございます!”から”お疲れ様でした!”までの時間は、時に早く、時に長~く・・・感じる。昨日は早かったです♪
2・3歳で入った当初は泣いてるだけで終わってた子が、笑いながらそこに居るだけで成長なわけですから、それぞれの変化を私は楽しめるわけです。
見えない天使の羽をつけさせてのゲームが私は一番楽しい☆


そして小学低学年チームは・・・
猛獣と化していた天使たちは、学校へ通うことで一気に変化する。
クラスではお兄さんお姉さんたちと一緒という刺激、全くわからず出来ない悔しさなどを知り、固まる子・あきらめる子・その時を精一杯頑張る子・・・とさまざま。
でも学習するのですょネ。個人差はありますが・・・

3週に1・・・というカリキュラムに抵抗はある。
毎回、最初からになるわけで、技術的には望み少ないし・・・
ただ毎回の時間の積み重ねで、リズム感、センス、感性、などは変化するであろう信じているし、そうなって欲しいと思っている。
全く苦手だった子が、振りを覚えるコツみたいなのを見出したらしい時は喜ばしい出来事として、帰りも足軽になったりする。
だから、自分の感情の違いにも楽しんでいる。←その時間を過ごした時のみ

だって、3週に1・・・って・・・=情操教育=・・・と割り切っていても、やはり悲しくなる。

高学年や特別クラスを担当していた頃とは、レッスンの内容もメンバー年齢も違うから全く別。
今、不安と焦りの中、求められている事は・・・興味を持ってもらう・ダンスって楽しいかも?!と思ってもらう・協調性や優しさはもちろんだが、自分を知る(対話する)をしてもらえたらなぁ~と思う。
3週に1という限られた時間内で出来る事。

いろんな事情で間が空いた分、今月もう1回レッスンがある。
久々に・・・”これ、覚えておいてね♪”
自分で言いながら、凄~い新鮮!・・と、思ってしまった。
何故だかちょっと嬉しかった。

続けて何かを教えるって、こちらの達成感もあるのかな?!

いつもは、3週に1・・・無理が多いよね???・・・と思うし、相手も「え”~~~~!」という。
昨日の答えは、”はい♪”+笑顔。
お互い気持ちが良かったかもしれませんネ・・・?!

かと言って、期待は半分で行く事にします。お互いの為にネ♪







迷っている事・・・

9月14日(金)

8月中旬の発表会の反省会は、先生のご自宅で行われた。
それぞれの感想を聞き、一気に当時が思い起こされる。
話す事が苦手な私も感想を述べ・・・
先生のお話は、頷く事、気付く事、確認できた事・・・とにかく貴重な時間だった。
超えていらっしゃる方のお話は納得でき、一言一言が重い。

3月~8月、大変な出来事満載な期間だったが、これを全て出来る限りやり遂げる事も、私にとってのチャレンジだったし、どこまで出来るか試されているようでもあったから、とにかく自分の出来る限りで頑張るしかなく・・・

結果:
欲を言えば、もっと出来る事あったと思う・・・1つ1つにも少し時間が欲しかった・・でも。
自分の直感や行動は、間違いではなかったらしい・・・と、いう事。
それだけで、今、自分にOKが出せている自分がいる。

そこで、いろんな状況やいろんな感情、いろんな人を思いながら、人の気持ちになって考える。(年老いた夫を持ち・・糖尿病の猫・・4歳、6歳の孫と自主練・・病院通いの犬がいて・・等など、人生の重さ、家族の深さ、それぞれの思いやりのコラボレーション。心が暖かくなり、この場所に居られるありがたさを知る・・・)
先生や人生の先輩方のお話を伺って、やはり・・・
自分が生きていくのに、環境・空気・・・こういう所が好きだし、望む所なんだなぁ~と。

前日の13日の夜、考えさせられる出来事があった。6月から引きずっていた事から逃れられず・・・やはりきた・・・

でも昨日の会に参加し話しをお互いした事で、やはり自分の方向性は間違ってないかも?!と思い、1つの決心が固まりつつある。
それが悲しい結果になろうとも。

やはり自分が辛かったり嫌な思いをするのには耐えられる、というより自分なりにコントロールすれば良いのだ。しかし自分が関わった事で他人が嫌な思いをするのは耐えられない!!
そんなに人も考えてはいないかもしれないけど、でも耐えられないなぁ。きっと・・・
大先生だったらどうするんだろう?!

生徒さんの選択する自由。選択される先生の辛さはかなりなわけですが、だからこちらも勉強し学び、謙虚に人と接することが出来る。
自分の事をいえば、人より長くその世界を知りわかるから教えるだけで、人間として決して偉いわけではなく・・・
教わる側もいろんな人がいるわけで、教わった事でそれをうまく利用し活用して人生を楽しむ事をしている。

・・・と、いう事で、励みを失った場所で教えを続けるか?自分を殺して仕事としてやるのか?
きっと私のことだから、その2時間は愛情を注ぎ出来る限りやるとは思うけれど・・・
大人を教えるって、そんな簡単な事じゃない。
自分がどこまで割り切れるのか?!

木曜の教えを始めた当初から、自分の置かれた状況はマイナス始まり。
だからきっと、そのクラスでは、自分の生徒!って思う事はないんだろうなぁ~。と、それは割り切っている。
半分目をつぶった状態で、いつまでも半目で、時に目を完全につぶることはきっとずっと続くんだろうなぁ・・・と考えられる。
大先生の代稽古している時と全く違う感情で不思議だ。

それだったら、今 何かしら結果を出した方がいいのかも?と思う。

そういえば・・・何年も前に、
”ウチの生徒がKKKのレッスン受ける事があったらどうする?逆にKKKの生徒さんがウチにきたらどうする??”
と聞かれた事を思い出した。
確か私は”受ける側の自由だからいいんじゃない?!”と言った気がする。
その続きが今か・・・?
無理だったのかもなぁ~。
私の悪い癖:何とかなるさ!(今回は何とかならない事だったらしいです・・・)
反省。今後の教訓にいたしましょう

ん?!
2人でやるからいかんのだな!
だったら、その人の代稽古要員になった方がいいかな?!
・・・提案してみょ。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »